公益型コミュニティ教育(逆転合格メソッド)とは

・面接で逆転合格
・学科試験対策で逆転合格
・面接試験当日までモチベーションを維持する方法
の秘密の一例を紹介いたします。
※生徒さんの状況によっては任意としております。
寺門は20年の歳月をかけて 普通の人(進学校や高学歴者を母数データから除去)が、総合で偏差値が30以上上がった人 中堅大学から国家一種に合格した人 入社後1年目で営業成績が300人中5番になった人、在学中に司法試験に合格する人 元々頭が良かった人はデータから除外、普通の人が逆転現象(学歴や肩書や経済力など関係なしに飛翔する現象)したデータを取り続け実際に実践してきました。
結論から言うと頭の回転の良さでも努力でもない。
人に劣等感を植え付ける教育でも無くコーチングでも無い 普通の人が誰でも出来る新教育メソッドです。

本来持つ個性から「やる気と活力」を引き出し自己実現を明確化

夢実現者(現役看護師)と 受験生 と 代表寺門の三者によって、ありのままの自分で自分をセルフコントロールできるように促します。

現状 性格 職業志望動機 将来像 自己実現 社会的公益性を一本の線で結び全人的医療者の育成によって教育と医療業界の発展に貢献することが目的です。

個別通信指導の最大のデメリットも解決

個別通信のデメリットに「モチベーションの維持が難しい」があげられます。
多くの通学型予備校では社会人の受講生の約半数が夏前に姿を消すと言われています。
また通信教育では、同じ目的意識を持った受験生がいないためさらにその数は多いと言われています。

当会は課題をただ添削するような指導は致しません。
常に代表寺門が、リアルタイムにLINEやスカイプを使い自学自尊の伴走型個別指導をいたします。 日本で唯一、「NS歴10年目~20年目の現役指導者看護師」に常時電話をつなぐことも可能です。

   

 

一般入試はもちろん、社会人入試や 推薦入試の傾向を把握した上での対策はもちろん、当会は何処よりも深く個性を引き出し、オリジナルの志望動機を作成いたします。面接や小論文や過去問のレクチャー、一人一人に合わせた出願計画、 ただ合格させるだけではなく「理想の看護師像」と「自己実現」の明確化という目的意識を高める工夫など合格に導く様々なメソッドを取り入れております。

約8割の受講生は一般入試前に
社会人入試やAO推薦入試で
↓合格しています。↓

社会人看護予備校 通信講座 問合せ

看護予備校の無料相談button_001

追伸 当グループの全人的医療者の育成について

看護予備校 通信
私達、公益性コミュニティみんなぷらすは2000年に現役の医療従事者と学生が集まり、現在は、医療業界の受験•就職•転職•復職 メンタルケアまで、仲間と共に一生をサポートケアする生涯コミュニティーへと成長しました。

この度、活動の原点である全人的医療者の育成のため看護予備校ナースコンシェを仲間と共に開校いたします。

長期化する不況の中で、安定した収入が得られ就職には困らない看護職は人気があります。

しかし、現実には不規則勤務や、体力的な負担、複雑化する医療技術や制度の中で、自分の理想と違ったと感じ、離職してしまう看護師も多くいます。

私達は、看護師になると決めたその時から、この理想と違う医療現場の現実を意識してもらうことを重視してサポートしています。

その一つとして、受験前から現役看護師の生の意見や、交流する場を設けてました。

この取り組みによって、「なぜ看護師として生きていくのか」を受験生の段階から真剣に考える続ける癖をつけることができます。

今後は、交流や独自のコンテンツによって「何故その学習が必要なのか」「何故決まりを守って遵守するのか」を患者目線で理解し、そして、今ある現実について「本当にそうなのか」というクリティークできる視点や、「もっとこうすれば良いのではないか」という創造できる力をもった医療人をサポートしていけるように活動していきます。

2025年問題を目前にした今、医療、介護制度は大きな変化をしていきます。

さらには、労働体系の変化や、この10年で臨床適応されつつあるロボットによる医療、介護負担の軽減などの変化も予測できます。

さまざまな変化のなかで、リアルなつながりを尊重し、本来看護の持つ「being」の意味を理解した医療人の育成を目指します。

公益型コミュニティみんなぷらす運営委員会

 

合格指導実績2000名以上のナースコンシェ講師陣は
本気で合格を目指している生徒を手厚くサポート

 

一般入試はもちろん、社会人入試や 推薦入試の傾向を把握した上での対策はもちろん、当会は何処よりも深く個性を引き出し、オリジナルの志望動機を作成いたします。面接や小論文や過去問のレクチャー、一人一人に合わせた出願計画、 ただ合格させるだけではなく「理想の看護師像」と「自己実現」の明確化という目的意識を高める工夫など合格に導く様々なメソッドを取り入れております。

約8割の受講生は一般入試前に
社会人入試やAO推薦入試で
↓合格しています。↓

社会人看護予備校 通信講座 問合せ

看護予備校の無料相談button_001

予備校を選ぶ上で大切なこと

──看護予備校では社会人入試の合格者が出ていない現状が有ります。

看護学生から「在籍50人~70人いて1人も社会人入試の合格者が一人もいなかった」とよく話を聞きます。
このような予備校は多く
本物の合格レポートは有るのか?
何年前に合格したのか?何人合格しているのかも?
不明で有るところが多いです。
本当に合格している生徒さんなら早稲田塾さんの様に実名や顔出しをしてくれます。
「早稲田塾現役合格物語」
http://www.wasedajuku.com/graduate/geneki/
昨年何人合格したのかを必ず聞きましょう。

──社会人入試や推薦入試の対策を敬遠する予備校は多いようです。

理由は、殆どの予備校に当てはまりますが秋入試で合格してしまうと、10月以降に学科試験対策費を返金しなくてはいけないため
経営が立ち行かなくなると聞いています。

社会人入試では用意してきた答弁をただ話している人は不合格??

はい、その通りです。
理由は5つ有りますが3つを公開します。
①患者さんとも同じように接する人なんだと面接官は取ります。
②最近はネット上にライターが複製したコピペ模範解答があふれているからです。
③自分で考えることができない人は看護師に成ってから続きません。
そんなに甘い仕事では有りません。

──「よく聞かれる面接答弁集」は意味が有るのか?

面接の答弁に答えは無いです。
高校生なら「用意してきた答弁」をしゃべるだけで合格もしましたが
最近では「用意してきた答弁」をしゃべる受験生は、高校生ですら不合格に成ります。
そもそも、受験生の「人間性」「社会人経験」は多種多様でそれにより質問内容を変えています。
自分で看護の仕事を調べていない受験生は職業適性的にも不合格と聞いています。

──予備校HPの受験情報はだれが作成したのか調べた方が良い

入学後に
先生方や進路指導の人がHPの内容を把握していない
HPに書かれている以上の情報を知らない
と看護学生から聞いています。
実際に文章はを見るとネット上から集めた情報をライターに外注して作ったサイトがとても多いです。
当会にも営業電話かかってきましたが「1文字1円でどんな文章でも著作権に触れないように仕上げます」とのことでした。