皆様の様々なご要望やご質問を伺い、
あらゆる解決策を提示します。
代表は病院・都立高校・予備校への出張進路面談や数々の講演活動を等を行っております。
年間アクセス約100万のブログと実在する看護学生と看護師のコミュニティからの情報は、いかなる情報源より母数も鮮度も高いものと自負しております。
他予備校が伝えられない受験に関するデメリットとメリットなど真実をどこよりも正確にお話しすることもできます。

例えば
・学科試験の1日1時間くらいしか勉強時間が無いのですが?
・千葉大看護の社会人入試の過去問が欲しいのですが?
・高卒で30代でシングルマザーです。社会人入試で都立看護に合格するためにはどうすればよいのか?
・慶應看護AOってぶっちゃけ高校生で合格するのか?合格する明確なラインを教えてください。
・A看護専門とB看護専門どちらが良いのでしょうか?
・40代で看護学校卒業後の就職先はどこが良いのか?
・離婚を考え看護受験をしたいが大丈夫か?

などなど
例:過去のデータから離婚をしてから受験しないと、高確率で入学はおろか卒業が難しくなります。
安易に射幸心をあおり入会を勧めることは致しません。

 

※無料体験授業のご相談も受け付けております。お気軽にご相談ください。

お名前必須

電話番号
必須
- -
メールアドレス
必須
スマホ用アドレスだと届かないケースがあるのでなるべくPCアドレスをご入力ください。

↓確認用メールアドレス再入力↓


住所
-


ご職業必須

※同業者・同業者の従業員・同業者からの委託(ライター)による申し込みは、いかなる場合でもコンサル料金となります。医療教育業界の発展のためにノウハウの提供は惜しみませんので正式にご相談していただければと考えております。
※またボイスレコーダーの使用は固くお断りしております。
当会を知った理由必須
ご相談内容必須
※無料カウンセリングや体験授業をお申し込みの際は、ご希望の時間帯を第3希望まで下記の「相談したい内容」にご記入の上お申し込みください。約90分から120分を目安にしていただけましたら幸いです。
相談したい内容
(箇条書きにいくつでもお書き下さい。)
必須


予備校を選ぶ上で大切なこと

──看護予備校では社会人入試の合格者が出ていない現状が有ります。

看護学生から「在籍50人~70人いて1人も社会人入試の合格者が一人もいなかった」とよく話を聞きます。
このような予備校は多く
本物の合格レポートは有るのか?
何年前に合格したのか?何人合格しているのかも?
不明で有るところが多いです。
本当に合格している生徒さんなら早稲田塾さんの様に実名や顔出しをしてくれます。
「早稲田塾現役合格物語」
http://www.wasedajuku.com/graduate/geneki/
昨年何人合格したのかを必ず聞きましょう。

──社会人入試や推薦入試の対策を敬遠する予備校は多いようです。

理由は、殆どの予備校に当てはまりますが秋入試で合格してしまうと、10月以降に学科試験対策費を返金しなくてはいけないため
経営が立ち行かなくなると聞いています。

──社会人入試では用意してきた答弁をただ話している人は不合格??

はい、その通りです。
理由は5つ有りますが3つを公開します。
①患者さんとも同じように接する人なんだと面接官は取ります。
②最近はネット上にライターが複製したコピペ模範解答があふれているからです。
③自分で考えることができない人は看護師に成ってから続きません。
そんなに甘い仕事では有りません。

──「よく聞かれる面接答弁集」は意味が有るのか?

面接の答弁に答えは無いです。
高校生なら「用意してきた答弁」をしゃべるだけで合格もしましたが
最近では「用意してきた答弁」をしゃべる受験生は、高校生ですら不合格に成ります。
そもそも、受験生の「人間性」「社会人経験」は多種多様でそれにより質問内容を変えています。
自分で看護の仕事を調べていない受験生は職業適性的にも不合格と聞いています。

──予備校HPの受験情報はだれが作成したのか調べた方が良い

入学後に
先生方や進路指導の人がHPの内容を把握していない
HPに書かれている以上の情報を知らない
と看護学生から聞いています。
実際に文章はを見るとネット上から集めた情報をライターに外注して作ったサイトがとても多いです。
当会にも営業電話かかってきましたが「1文字1円でどんな文章でも著作権に触れないように仕上げます」とのことでした。